FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジエーターガードとクーラント漏れ。



去年の夏からずっとラジエーターガードを取り付けております。
ラジエーターガードはお手製で材料代で1500円くらいでしょうか。
アルミのパンチ穴の空いた板を四角く切って端をゴムのモールで保護してあるだけです。

20150705_071856771_iOS.jpg

エンジン左側のところに穴が空いてまして、スポンジが詰めてあり通常はクーラントが噴き出さないようになっているようです。
何らかの状態により圧が上がりすぎてこのスポンジが取れてしまい、ここからクーラントが吹き出している例があるようです。
1年ちょっと乗ったアドベンチャーですが、クーラントのレベルが下限ギリギリまで減ってましたので、ここから蒸発してたのかも知れません。
ここのスポンジも部品で取れるそうです。

このことから結構クレームも多かったようですが、これは仕様みたいなものですからゲージを良く点検してクーラントを足して乗るしかありませんね。

ディーラーではガードを付けると冷却効率が悪くなり、ガードを取り付けている車両の冷却系に関しては保証対象外と言うことで外されている方も多いようです。

私の手製のガードは、開口率は30%くらいでしょうか。思い切り効率が悪い様にもおもえますが、横の部分がぴったりとくっついているわけでは無く隙間が大きく空いているのでそこから風が入りますので止まっているとき以外は冷却してくれております。
私のは、走行時は通常83度くらい。停止や渋滞時は100度くらいまで温度が上がった後ファンが回り90度近辺まですぐに下がります。温度センサーも正常に働いてファンも回り温度が下がっているので全く問題ありませんね。
既製品のものは、もしかして作りが良すぎてぴったりはまってますので効率が悪くなっちゃうのでしょうか?
私のはお陰様で虫の掃除とかとても楽になってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KEIICHI HOSHI

Author:KEIICHI HOSHI
仕事もするぞ!遊ぶ時は思いっきり遊ぶ!がモットーなバイク大好きな人間です。
北海道では
BMW R1200GS Adventure LC
BMW C Evolution
HONDA CBX125F
HONDA Monkey
南米のチリでは
Motorrad 150 Custom
で走り回っています!
お仕事も遊びも常に全開で突っ走っております!

現在北海道BMWツーリングクラブの運営も行っております。
こちらの方も皆様宜しくお願いいたします。

BMWBIKESのBBCレポーター北海道エリア担当として冬季以外は北海道のツーリングをレポートしております。



Instagramはこちら

皆さんよろしくお願いしますね!


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。