スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FTM-10Sの取付とZUMOとの接続について

FTM-10SとZUMOを接続して、ZUMOにて音楽を聴くと、信号待ちなどに簡単に早送りとか操作ができます。
また、BMWの場合、電源ラインにコンピューターノイズが乗っているので、ノイズを回避するためにも、電源はバッテリーから直接とるようにして、音声もZUMOからはBluetooth経由でとるようにすると、ノイズの無いクリアな音が楽しめます。
私は、KTELの有線タイプのノイズキャンセルマイクが一番風切り音を拾わないので、それをベアリザードでBluetooth接続させております。
簡単な接続図を作りましたので、参考にされると良いかと思います。
画像をクリックすると大きく表示できますよ。


2016-08-17.gif



スポンサーサイト

GS野営の会 トムラウシツーリングを開催いたします!

北海道BMWツーリングクラブ GS野営の会 で トムラウシツーリングを開催いたします!

以下、クラブでの案内です。参加したい方は、何らかの方法で私まで連絡ください!

みなさんこんにちは。
盆休みはいかがお過ごしですか?
家族で楽しく過ごされた方、バイクで旅に出た方、充実した休暇をお過ごしかと思います。
昨年に引き続き、GSライダーの皆様限定になりますが、GS野営の会の野営ツーリングを開催いたします。
往復ダート130km以上の長い林道を走りきろうと思います。
宿泊は、テントでトムラウシ野営場にて野営致します。
温泉・野営だけの参加も大歓迎です!

昨年はGSアドベンチャーとGS合わせて6台にて山を駆け抜けました。
昨年は怪我もなく、楽しく走り野営をすることが出来ました。
昨年の映像がありますので、興味のある方は下記をご覧ください。

携帯電話の電波も届かず、舗装路より数十キロも山奥に入りますので、マシンの故障や倒木その他あらゆる状況に対応しなければなりません。
路面状況も深砂利、ウエット、火山灰など変化に富んでおります。
そんなアドベンチャー気分を満喫したいGSライダーの皆さん是非ご参加下さい!
また、林道はちょっとという方は野営場でキャンプでもOKですよ。

集合場所  国道274号 長沼のローソン 8:00出発

休憩ポイント1  日高道の駅 83.6km
休憩ポイント2  屈足のセイコーマート 66.8km
休憩ポイント3 ぺンケニコロベツ林道入り口 8.3km
(ペンケニコロベツ林道が工事中の場合パンケニコロベツ林道に入ります)
休憩ポイント4 奥十勝峠 28.8km
休憩ポイント5 曙橋 28.6km
目的地 トムラウシ野営場 9.7km 夕方着

帰路 逆コースで走り途中からサホロダムに抜ける林道を走ります。
帰路ダート 58.4km
費用:昼食・夜の食料 各自
持ち物:野営道具一式・寝袋等

帰路は適宜休憩  国道274号を札幌へ
解散地 長沼ローソン

往路(予定)  オンロード 158.7km オフロード 72km
復路(予定)  オフロード 58.4km オンロード 158.7km

参加希望の方は、このメールのシステムに参加登録して頂くか、dirty@bmw-r1200gs.com 担当星までご連絡ください。

ちなみに過去のトムラウシツーリングの様子です。
これを見てイメージトレーニングをすれば多少のことは大丈夫です。
Vol.1 ペンケニコロベツ林道 https://youtu.be/ZYQGsleAa0o
Vol.2 シートカチ林道・レイサクベツ林道 https://youtu.be/2WqOeMeYHFg
Vol.3 レイサクベツ林道・シートカチ林道 https://youtu.be/IT-shUYSKV8

※天候や道路状況により大幅にコースを変更することがあります。
※あらゆる天候・路面状況に対応できるようにお願いいたします。
※転倒などのリスクがありますので、自己責任で参加できる方のみご参加下さい。
※悪路地帯などは、参加者全員で協力しながら突破いたしますのでご協力お願いいたします。
※入浴しますので、タオルの持参をお願いいたします。

2016-07-17 キャンプツーリングに行ってきました!

s-s-20160717184349.jpg

キャンプツーリングに行ってきました。 詳しくはクラブのページで・・・。

2016-07-17 道北キャンプツーリング

地球の裏側で井戸を作る。

昨年から今年にかけて、1ヶ月以上チリにいたのですが、今回はほとんどこのミッションの為に行ったと言っていいくらい井戸三昧でした。

20160105163239.jpg 

昨年の1月に私が日本に帰った後、ちょうど家の近くに重機がやってきたので、少しお金を払って穴を掘ってもらったところ、水脈にあたりましてきれいな水がたくさん出てきました。が、私がいないのでそのまま木の板で蓋をされて1年ほどそのままでした。
今までは、我が家の水道はよく言うとアンデスの山から引いてきた天然の水を使っている共同の水道を使ってましたが、度々水が止まってしまうのでとても不便でした。そこで、この地下水を使い自前の水道設備を作るという事になりました。

20160103195630.jpg 

まずは、近所の井戸水の設備を視察…。
改善点は多そうですが、仕組みはわかりました。

20160105105632.jpg 

どう見ても、日本製じゃないトヤマのチェンソーが売っている、プエルトモンの金物専門店で材料を物色。

20160105114752.jpg

チャイナ製のポンプとイタリア製のポンプがありましたが、イタリア製のポンプを買ってみました。

20160106102945.jpg 

水のある場所から母屋までは30mほど離れております。
ポンプを設置する場所を、車の車庫の中に設置する事にしましたので、まずは車庫の中に電気を引かなければなりません。

IMG_0424.jpg

という事で、せっせと穴を掘ります。結構大きな石が出てきたりするので、ツルハシで崩してから、スコップで掘り出す作業を繰り返します。

20160106150428.jpg 

掘りあがりましたので、配管を設置して中に配線を通します。

20160106121333.jpg

あらかじめ、家の中の配線を調べて、電気を取り出しやすく配線の容量も大きい場所から電気をとる事にしました。作業前にはブレーカーを落として安全作業です。

20160106170416.jpg

配線も無事に終わり、埋めもどしをしてとりあえず電気工事は完了です。
この作業で、ポンプに電源を供給できるだけでなく、車庫の中でも電動工具やバッテリーの充電などもできるようになりました。

20160107125012.jpg 

あちこちコンクリート管を探していたのですが、SODIMACで少し細めですが手頃な菅がありましたので、注文して配送もお願いしました。
他の人に取られてしまうとダメだからと、店員さんがうちの分をテープで巻いて名前を書いてくれました。これで、コンクリート管を手に入れることができたので一安心です…。

20160107174655(1).jpg

車庫の中にポンプを設置しますので、ポンプの台座を作成しました。
毎年大工道具などを揃えておりますので、もう一通り揃っております。
丸ノコで、角材を切って作ります。

20160107183357.jpg

ポンプも組み立てますが、説明書などは付いてませんでした。が、構造を見れば、どのように配線をしたら良いのかもわかりますので、組み付けて配線をします。

20160107194445.jpg

空気の圧力を溜めるタンクを設置してポンプ周りは完成!

20160112195755.jpg 

SODIMACで、高級ステンレス製のスコップをゲット。小さい剣先スコップも買いました。これをもってかえったら、近所の人たちにビックリされました。

20160113205551.jpg

このスコップは幅が狭くて、配管の穴だと細く掘れるので土量が少なくてとても楽チンでした。ポンプから家までの水道管を埋める穴を掘りました。

20160109165108.jpg 

家の2階へ伸びる水道管を切り取り分岐してバルブと散水栓、ポンプからの配管を取り付けるジョイントを取り付けました。
こちらでは銅菅をロウ付けして菅を接続します。
家が燃えるといけませんので裏に鉄板を当ててバーナーでロウ付け作業を行います。

20160109170345.jpg

バルブと塩ビ管のスリーブを取り付けて完成です。

ここで問題が…。海に行きまして膝を痛めてしまい歩けなくなってしまいました。ポンプから井戸までは25m以上あり、そこまで管を埋設しなければなりませんが穴を掘ることができません。
近所の親戚にお願いして、掘るのを手伝ってもらいました。

20160108113433.jpg 

井戸までの配管はなんとか終わり、コンクリート管の配達日も近いので、コンクリート管を吊って穴の中に設置しなければなりませんので、クレーンを作りました。その辺にあった丸太に切れ込みを入れまして…。

20160108121135.jpg

BMWのオートバイが新品の時の梱包に使われている丈夫なバンドがあるのですが、そのバンドで丸太を縛り、やぐらを組んで、滑車をつけてクレーンが完成!
これで1/4の力で物を下ろせるはずです。

20160108160946.jpg 

水中ポンプで水を汲み上げ、床をきれいにして管を設置します。

20160108182836.jpg

これで100キロ以上もある重たいコンクリート管を吊って穴の中に設置することができました。
がしかし、2m40cm分の管を頼んだつもりですが、なぜか30cm分の一個がたりません。持ってきた配送業者が、1個足りない分は来週持ってくると言って帰りました。おいおい、こうなると困るからテープまで貼って取り置きしておいたのにね…。

20160108190724.jpg 

穴の大きさからして本当はもう少し太い管を入れたかったのですが、人力で施工するのであまり重たい管が設置できず、80cmの内径の管になってしまいました。これだけでは十分な水量が確保できませんので、周りの穴に大きめの石を入れる事により、空隙が出来てそこに水がたまり、管の内径以上に水を地下に蓄えることができます。

20160111115609.jpg

そこで、海に行きまして石を拾って運搬する事にしました。

20160111115701.jpg

車に大きめの石を積み込みます。
いろいろな石があって、結構楽しい作業でした。
金属が入った石もあってそれは家宝になってます。笑

20160111130804.jpg

まずは、大きめの石で最大地下水位以上に石を投入します。地層の色を見れば、最大の水位がわかりますよ。

20160111133010.jpg

そのあと、だんだん石を小さしていき、最後に鶏の餌が入っていた土嚢袋の大きなやつを敷き砂が落ちるのを防いでから、土で埋め戻します。

20160116152244.jpg 

1週間待っても、管が届かないので、SODIMACに行ってどうなってるか聞きに行きました。管売り場にはたくさん在庫があったので間違いなく忘れてます。
文句を言いに行ったら、急いで運ばせるということで、やっと管が届きました。

20160116174230.jpg

管が届いたので、配管をして継ぎ目と菅の穴をモルタルで仕上げをして完成です。

20160116174312.jpg

うまくいきました!

20160116185917.jpg

井戸の底まで管を接続して…。おーいい感じじゃないですか。

20160117102233.jpg

ポンプ周りも組み上がったので電源を入れると、フィルターの辺りから漏水が・・・。
あちこち直しまして・・・、

20160117102248.jpg

無事圧力が2.5bar まであがりました。

20160117201640.jpg

水を浄化するのにブリーチを少し多めに入れて、
コンクリートの蓋をして、ビニールで覆ってさらにバンドをかけて虫などの侵入がないようにしました。

20160121150235.jpg

そのままでは風雨にやられますので、その辺にある材料で屋根をつけて完成です!
20160117102406.jpg

水源もいいのでとてもくりあなきれいなみずが出るようになりました!
ニワトリにあげても元気でしたので、水質は悪くないようです。
飲み水には、日本の誇る、オレンジジュースも水になるという浄水器を付けてますのでこれで当分水には苦労しないでしょう。
さらっと書いてますが、ここまでに10日以上は費やしておりましたよ。
近所の人も見に来て、この井戸と出てくるクリアな水に感心しておりました。
まあ、日本の土木施工管理技士が施工したのですから、あたりまえなのですが。笑


多忙ですが、ツーリングに行ってきました。

みなさんこんにちは。
多忙でなかなか思うように行きませんが、ツーリングには行ってます。

6月12日 ニセコ早朝パノラマツーリング
6月18日 ランチ&カフェツーリング

に簡単なレポートが載ってます!!
プロフィール

KEIICHI HOSHI

Author:KEIICHI HOSHI
仕事もするぞ!遊ぶ時は思いっきり遊ぶ!がモットーなバイク大好きな人間です。
北海道では
BMW R1200GS Adventure LC
HONDA CBX125F
南米のチリでは
Motorrad 150 Custom
で走り回っています!
お仕事も遊びも常に全開で突っ走っております!

現在北海道BMWツーリングクラブの運営も行っております。
こちらの方も皆様宜しくお願いいたします。

BMWBIKESのBBCレポーター北海道エリア担当として冬季以外は北海道のツーリングをレポートしております。



Instagramはこちら

皆さんよろしくお願いしますね!


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。